睡眠の質

2019年03月29日


少しずつ春の気配が感じられるようになってきました。

春眠暁を覚えず、健康のためには睡眠時間もそうですが、「睡眠の質」が大切であるといわれています。

温めのお風呂にゆっくりとつかることで暖まった体温がゆっくりと下がり、睡眠の質がよくなるといわれています。リラックスしてよい睡眠をとることで、昼間の生活もより充実したものになるでしょう。

それでもすっきりと目覚められない、昼間の眠気があるなどの場合、睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてみることもお勧めいたします。

当院では簡易検査のみならず入院精密ポリソムノグラフィ検査を積極的に行っております。前回のブログでは大きな反響も頂きました。

睡眠医療に携わる先生、企業の担当者さまなどからのご紹介・ご相談もお受けしております。

御気軽にご相談ください。

0586-81-0555

投稿者:副院長 熊谷