「心房細動週間」のお知らせ

2017年03月06日


日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日本脳卒中協会と日本不整脈学会が、3月9日の「脈の日」から1週間を「心房細動週間」と提唱し、脳卒中・心房細動に関する正しい知識の普及を目標に掲げています。当院のホームページ内の「不整脈のカテーテル治療」にも詳述しておりますが、心房細動の治療においては脳梗塞の予防をすることが第一であります。
当院ではガイドラインに準じて患者さんの脳梗塞リスクを評価し、血液を固まりにくくする抗凝固療法(ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなど)の適応を判断しています。
また、心房細動の発作を抑制する治療として、抗不整脈薬の内服もしくはカテーテルアブレーションがあり、当院の不整脈専門外来では患者さんの病状やご希望に応じて、最適な治療方針を提案させていただいております。心房細動、脈の乱れ、動悸でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

投稿者:院長 吉田

脈の日