不整脈の診断とカテーテル治療

2015年09月25日


当院では不整脈の診断から治療まで一貫して行うことが可能です。
不整脈の診断では、ホルター心電図(24時間心電図)を行い、不整脈専門医が解析をして的確な診断をいたします。
ホルター心電図でとらえることができない不整脈の患者さんには、動悸時に心電図を記録することができる携帯型心電計の貸し出しをしています。
不整脈の治療には、薬物治療とカテーテル治療(カテーテルアブレーション)があります。
患者さんにしっかりと不整脈の病状説明をした上で、治療法の選択肢をすべて提示して、方針を決定していきます。
当院では最先端の3次元マッピング装置を導入し、あらゆる不整脈に対してカテーテル治療が可能です。
開院後まもないですが、愛知県立循環器呼吸病センター(旧尾張病院)、名古屋大学医学部附属病院、アメリカのアラバマ大学で培った経験を元に、
心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍症、心室頻拍症などのカテーテル治療を行い良好な成績をおさめています。
当院では木曜午後と土曜午前に不整脈専門外来を開設しています。
脈の乱れ・動悸でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。
的確に診断し、患者さんにあった治療方針を丁寧にご説明させて頂きます。

投稿者:院長 吉田