【脚ブロック(右、左) 心電図異常波形】はどうすればいいの?

2021年02月22日

右脚ブロック RSR’パターン
不完全右脚ブロック
完全右脚ブロック
左脚ブロック 不完全左脚ブロック
完全左脚ブロック
左脚前枝ブロック
左脚後枝ブロック
二枝ブロック 完全右脚ブロック + 左脚前枝ブロック
完全右脚ブロック + 左脚後枝ブロック
脚ブロックには上記などの種類があり、症状・背景・etc.により追加の精密検査が検討されます。

 

本記事は、下記関連ページの続きとして、記載しました。ご興味のある方は、是非、最初から読んでみて下さいね。

関連ページ: 心電図の異常は、何科に行けばいいの?

 

脚ブロック(右、左) 心電図異常で、クリニック受診前の確認項目

心電図検査を受けられた、健診センター・医療機関などから、緊急指示があった場合は、その指示に従って下さいね。

 

それ以外では、クリニックに所属する、医師のプロフィールを、チェックしてからの受診をお勧めします。医師の得意なジャンルを、知る事が出来るからです。

 

クリニックのWEBページにて、医師の経歴や所属学会などを確認する事ができます。WEBページのないクリニックでも、看板に医師の専門医資格などが、掲示されている場合があります。

 

医師プロフィールに、下記表記されているかチェックしましょう。

 

  • ●●心血管(インターベンション)学会 専門医 / 認定医 / 所属
  •     ⇒ 心臓病の中でも、とくに狭心症心筋梗塞を得意としている事を示しています。

 

  • ▲▲循環器学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。
  • ■■心臓病学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。

 

狭心症心筋梗塞を、得意とする先生の診察を受けると、精密検査の計画や、検査後の治療方針決定がスムーズとなります。

 

しかしながら、より高度医療に対応でき、高度医療機器を有している総合病院などへ、紹介受診が必要となる事もあります。必ずしも、そのクリニックで全て解決する訳ではありません。

 

プロフィールに表記のある医師は、総合病院へ紹介受診となる場合でも、専門ジャンルの病気に詳しいため、総合病院の専門の先生とコミュニケーションをとり、紹介受診がスムーズに進む可能性が高くなります。

 

クリニック受診前に、電話などにて、希望医師の診察予約が可能かどうか、確認されるとスムーズです。

 

関連ページ: スタッフ紹介

 

脚ブロック(右、左) 心電図所見にて、検討される精密検査

脚ブロック(右、左)にて、考慮される外来精密検査は、以下となります。

  • 安静心電図検査(あんせいしんでんずけんさ)
  • 心臓超音波検査(しんぞうちょうおんぱけんさ)
  • 冠動脈造影CT検査(かんどうみゃくぞうえいCTけんさ)
  • ホルター心電図検査(ほるたーしんでんずけんさ)
  • 血液検査(けつえきけんさ)
  • 【入院】心臓カテーテル検査(しんぞうかてーてるけんさ)

これら全ての検査が、必要という事ではありません。検査方法は異なるけど、調べている内容としては似ている、といった検査も記載しています。

また、他にも、心臓を詳しく調べる精密検査は、色々あります。

症状や、年齢、生活習慣、持病といった背景、医師の診察によって、推奨される検査は変わってきます。

 

安静心電図検査

  • 所要時間: 1分程度
  • 自己負担額: 約130円 ~ 400円(自己負担割合によります)

 

健康診断などでやったのに、改めてもう一回やるの?と思われるかもしれません。

 

違ったタイミングで心電図検査をすることにより、前回の検査から変化がないか、再現性があるかどうか等をチェックします。検査当日に、結果説明が可能となります。

 

心臓超音波検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約880円 ~ 2,800円(自己負担割合によります)

 

テレビCMで、お医者さんと妊婦さんが、お腹の赤ちゃんを、超音波検査で確認している場面をご覧になったことがありますか?

 

同じ原理の機器を左胸にあてることで、心臓の筋肉の状態や、ポンプとしての機能、弁(心臓の血流を制御する構造)機能、etc.を、動画で確認する事が出来ます。

 

体に害がなく、安全に行う事が出来る検査です。所要時間は20分程度です。検査当日に、結果説明が可能です。

 

冠動脈造影CT検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約3,000円 ~ 9,200円(自己負担割合によります)

 

心臓の栄養血管である、冠動脈(かんどうみゃく)が閉塞していないか?狭窄していないか?をチェックする検査です。

 

点滴注射で造影剤を用いながら、CTを撮像します。造影剤使用にて腎臓に負担がかかるため、腎臓機能が悪い、30秒程度の息止めが難しいetc.で、検査できない場合もあります。

 

CTの撮像自体は20分程度ですが、解析に時間を要します。前後の点滴注射もあり、検査当日に結果を聞かれる場合、3時間程度かかります。

 

ホルター心電図検査

  • 所要時間: 1日程度
  • 自己負担額: 約1,750円 ~ 5,400円(自己負担割合によります)

 

24時間(最低8時間以上)心電図を装着、記録します。装着中、激しい運動や、汗だくとなるようなお仕事は出来ません。

 

お風呂に関しては、湯舟につかるのは難しいですが、シャワーまでは可能な機種もあります。

 

脈が速くなりすぎていないか?、脈が遅くなりすぎていないか?、一日で不整脈がどれ位でているのか?、じつは危険な不整脈がでていないか?、波形が変化するのか?、etc.をチェックします。

 

24時間分を解析するため、検査機器のご返却後、結果説明まで2~3日かかります。

 

血液検査

  • 所要時間: 3分程度
  • 自己負担額: 約1,200円 ~ 3,600円(自己負担割合によります)

 

採血により血液を調べます。脈が速くなる原因として、貧血などや、不整脈がでやすくなる原因として、電解質異常や、甲状腺ホルモン分泌異常などが知られています。

 

これらの項目を、血液検査でチェックする事ができます。また心臓への負担のかかり具合を、チェックできる検査項目もあります。

 

結果説明まで、当日 ~ 1週間程度後と血液検査項目により幅があります。

 

【入院】心臓カテーテル検査

医師の診察や、外来での精密検査の結果、また症状によっては外来精密検査を経ずに、心臓カテーテル検査が必要となる事があります。

 

クリニックや病院の多くが、心臓カテーテル検査を、入院検査としています。当院でも入院検査となります。

 

冠動脈と呼ばれる、心臓を栄養している血管が、狭窄していないか?、閉塞していないか?を外来検査以上に、精密に調べることが出来ます。

 

カテーテルとは、医療用の細い管を指します。手首、肘、足など、体の表面に近い部分を走っている動脈に、局所麻酔を使用しながらカテーテルを挿入します。

 

動脈を通って、心臓まで直接カテーテルを送り込み、選択的に血管を造影し、狭いところや、詰まっているところが無いかを調べます。

 

関連ページ: 狭心症、心筋梗塞のカテーテル検査・治療

 

補足

  • 所要時間は、検査のおおよその時間となります。(ご説明、前後のお待ち頂く時間は含めません)
  • 自己負担額は、検査のみの目安となります。(診察、お薬の自己負担額etc.は含まれません。制度変更に伴い、変わる事があります。)
  • 各病院やクリニックの診療体制によって、所要時間、自己負担額、結果説明までの時間は異なります。

 

関連ページ: 検査について
診療時間・アクセス

 

脚ブロック(右、左) 心電図所見から考えられる病気など

心電図_心臓模型

脚ブロック(右、左)では、以下の病気や、状態が考えられます。

  • 心筋梗塞
  • 心筋症
  • 心臓弁膜症
  • 心房中隔欠損症
  • 健常者
  • etc.

心筋梗塞
心臓を栄養している動脈(冠動脈)が閉塞してしまう病気です。心不全や、突然死の原因となります。梗塞部位により、心電図検査上、右脚ブロックや左脚ブロックを呈する事があります。

 

心筋症
心臓ポンプの筋肉に、異常が生じる病気です。心不全や、突然死の原因となります。心筋の障害部位により、心電図検査にて右脚ブロック、左脚ブロックを示す場合があります。。

 

心臓弁膜症
心臓の中には弁という、開放したり、閉鎖したりする事で、血流を制御する構造物があります。狭窄症や閉鎖不全症(逆流症)による、心室の圧負荷や容量負荷により、右脚ブロックや左脚ブロックを示す事があります。

 

心房中隔欠損症
心房中隔に欠損孔を認める、先天性心疾患です。右室容量負荷により、心電図検査にて、右脚ブロックを呈する場合があります。

 

健常者
心臓疾患含め、特に基礎疾患の無い方でも右脚ブロック、左脚ブロックを示す場合があります。しかしながら、RSR’パターンや右脚ブロックに比べると、左脚ブロック例では、なにかしらの基礎疾患を有する場合が多く、健常例は稀とされています。

 

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

ここからは、少し難しい話かもしれません。ご興味のある方は読み進めて下さいね。

 

脚ブロックは、心電図波形の異常となります。

心臓は、右心房にある洞結節より生じた電気刺激が、房室結節を介して心室に伝わります。

 

心室に伝わった電気的興奮はヒス束、右脚、左脚と呼ばれる伝導路を経由して伝わり、心室を収縮させます。

 

右脚の興奮伝導時間の延長や、伝導が途絶した状態は、右脚ブロックと呼ばれます。左脚の興奮伝導時間の延長や、伝導が途絶した状態を、左脚ブロックといいます。

 

 

右脚ブロック
RSR’パターン

 

右脚の興奮伝導の流れが、わずかに障害されている事を示します。

 

心電図検査の波形異常とされますが、健常者でもみとめ、問題とならない事が多いとされます。

 

不完全右脚ブロック

 

右脚ブロックにおいて、心房から伝わった電気的興奮は、左心室や心室中隔の左側へは、左脚を通り正常に伝導されます。

 

しかし、右心室へは右脚を通過できないため、左心室側よりゆっくりと電気的興奮が伝導されることになります。

 

心電図所見としては、胸部誘導V1において、rsR’パターン、またはM型のQRS波を示すこと、肢誘導aVL, 胸部誘導V5, V6 などでスラー、もしくは結節を伴った幅の広いS波を示すこと、

 

および右側胸部誘導V1, V2, V3において2次性のST-T 変化を示すことなどがあげられます。

 

QRS幅が、0.10~0.12secのものを、不完全右脚ブロックと呼びます。

 

完全右脚ブロック

 

右脚ブロックにおいて、心房から伝わった電気的興奮は、左心室や心室中隔の左側へは、左脚を通り正常に伝導されます。

 

しかし、右心室へは右脚を通過できないため、左心室側よりゆっくりと電気的興奮が伝導されることになります。

 

心電図所見としては、胸部誘導V1において、rsR’パターン、またはM型のQRS波を示すこと、肢誘導aVL, 胸部誘導V5, V6 などでスラー、

 

もしくは結節を伴った幅の広いS波を示すこと、および右側胸部誘導V1, V2, V3において2次性のST-T 変化を示すことなどがあげられます。

 

QRS幅 ≧ 0.12sec(3mm)のものを、完全右脚ブロックと呼びます。

 

左脚ブロック
不完全左脚ブロック

 

左脚ブロックにおいて、心房から伝わった電気的興奮は、右心室へは、右脚を通り正常に伝導されます。

 

しかし、左心室や心室中隔の左側へは左脚を通過できないため、右心室側よりゆっくりと電気的興奮が伝導されることになります。

 

QRS波の主たる成分である、左心室の伝導が障害されるため、QRS波は大きく変化します。

 

心電図所見としては、胸部誘導V6においてQ波が欠如すること、肢誘導aVL, 胸部誘導V6でM型の幅広いQRS波を認めること、

 

右側胸部誘導V1, V2, V3で幅広く深いS波があり、QS型またはrS型QRS波であること、肢誘導aVL, 胸部誘導V6において2次性ST-T 変化を示すことなどがあげられます。

 

QRS幅が、0.10~0.12secのものを、不完全左脚ブロックと呼びます。

 

完全左脚ブロック

 

左脚ブロックにおいて、心房から伝わった電気的興奮は、右心室へは、右脚を通り正常に伝導されます。

 

しかし、左心室や心室中隔の左側へは左脚を通過できないため、右心室側よりゆっくりと電気的興奮が伝導されることになります。

 

QRS波の主たる成分である、左心室の伝導が障害されるため、QRS波は大きく変化します。

 

心電図所見としては、胸部誘導V6においてQ波が欠如すること、肢誘導aVL, 胸部誘導V6でM型の幅広いQRS波を認めること、

 

右側胸部誘導V1, V2, V3で幅広く深いS波があり、QS型またはrS型QRS波であること、肢誘導aVL, 胸部誘導V6において2次性ST-T 変化を示すことなどがあげられます。

 

QRS幅 ≧ 0.12sec(3mm)のものを、完全左脚ブロックと呼びます。

 

左脚前枝ブロック

 

左脚はさらに、左脚前枝と左脚後枝にわかれます。左脚前枝のみが障害されたものは、左脚前枝ブロックと呼ばれます。

 

心電図上、QRS幅は正常であり、幅広くてもQRS幅 < 0.12secとされます。

 

著明な左軸偏位(肢誘導ⅠにおいてR波高 > S波高、かつ肢誘導ⅡにおいてR波高 < S波高、肢誘導aVRにおいてR波高 > S波高(-60°~-90°の事が多い))、肢誘導Ⅰ, aVLにおいてsmall Q波(+)かつS波(-)より診断されます。

 

左脚後枝ブロック

 

左脚はさらに、左脚前枝と左脚後枝にわかれます。 左脚後枝のみが障害されたものは、左脚後枝ブロックと呼ばれ、左脚前枝ブロックより稀です。

 

著明な右軸偏位(肢誘導aVFにおいてR波高 > S波高、かつ肢誘導aVRにおいてR波高 < S波高(+120°~+180°の事が多い))、肢誘導Ⅱ, Ⅲ, sVFにおいてsmall Q波(+)かつS波(-)より診断されます。

 

二枝ブロック
完全右脚ブロック + 左脚前枝ブロック

 

左脚はさらに、左脚前枝と左脚後枝にわかれます。左脚前枝のみが障害されたものは、左脚前枝ブロックと呼ばれます。

 

左脚前枝ブロックは時々、右脚ブロックを合併して、二枝ブロックとなります。

 

心電図検査にて、右脚ブロック波形(胸部誘導V1において、rsR’パターン、またはM型のQRS波を示すこと、

 

肢誘導aVL, 胸部誘導V5, V6 などでスラー、もしくは結節を伴った幅の広いS波を示すこと、および右側胸部誘導V1, V2, V3において2次性のST-T 変化を認める)とともに、

 

著明な左軸偏位(肢誘導ⅠにおいてR波高 > S波高、かつ肢誘導ⅡにおいてR波高 < S波高、肢誘導aVRにおいてR波高 < S波高(-60°~-90°の事が多い))を認めると、右脚と左室前枝の二枝ブロックと診断されます。

 

完全右脚ブロック + 左脚後枝ブロック

 

左脚はさらに、左脚前枝と左脚後枝にわかれます。左脚後枝のみが障害されたものは、左脚後枝ブロックと呼ばれます。

 

左脚後枝ブロックは、しばしば右脚ブロックを合併することがあり、二枝ブロックとなります。

 

心電図検査にて、右脚ブロック波形(胸部誘導V1において、rsR’パターン、またはM型のQRS波を示すこと、

 

肢誘導aVL, 胸部誘導V5, V6 などでスラー、もしくは結節を伴った幅の広いS波を示すこと、 および右側胸部誘導V1, V2, V3において2次性のST-T 変化を認める)とともに、

 

著明な右軸偏位(肢誘導aVFにおいてR波高 > S波高、かつ肢誘導aVRにおいてR波高 < S波高(+120°~+180°の事が多い))を認めると、右脚と左室後枝の二枝ブロックと診断されます。

 

以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

心電図検査全般や、正常所見につきましては、別ページをご参照ください。・心電図の成り立ち ~ 見方について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:医師、医学博士 吉川