【低電位差 心電図の波形異常】で検討される追加精密検査

2021年02月08日


下記関連ページの続きとして、本記事を記載致しました。ご興味のある方は、是非、最初から読んでみて下さいね。

関連ページ: 心電図検査の異常は、何科に行けばいいの?

 

心電図異常 低電位差にて、クリニック受診前の確認項目

クリニックに所属する、医師のプロフィールをチェックしてからの、受診をお勧めします。医師の得意としているジャンルを、知る事が出来るからです。

 

クリニックのホームページで、医師のプロフィールを確認する事ができます。ホームページのないクリニックでも、看板をみると、専門医などが掲示されている場合あります。

 

クリニック受診前に、希望医師の診察予約が可能かどうか、電話されるとスムーズです。

 

医師プロフィールに、下記表記されているかチェックしましょう。

 

  • ●●循環器学会 専門医 / 認定医 / 所属
  •     ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。

 

  • ■■心臓病学会 専門医 / 認定医 / 所属
  •     ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。

 

心臓病を得意とする先生の、診察を受けると、追加検査の計画や、結果による治療方針決定がスムーズとなります。

 

しかし、必ずしも全て解決する訳ではありません。より高度な医療機器を有していて、高度医療に対応可能な総合病院などへ、紹介受診が必要となる場合もあります。

 

経歴にこれらの表記がある医師は、専門ジャンルの病気に詳しいだけでなく、総合病院の専門の先生とコミュニケーションをとり、紹介受診がスムーズとなります。

 

関連ページ: スタッフ紹介

 

低電位差 心電図異常で、考慮される追加精密検査

低電位差で、検討される外来精密検査は、以下となります。

  • 安静心電図検査(あんせいしんでんずけんさ)
  • 心臓超音波検査(しんぞうちょうおんぱけんさ)
  • 血液検査(けつえきけんさ)

リストにある検査、全てが必要という訳ではありません。心臓を詳しく調べる精密検査は、他にも色々あります。

症状や、背景(年齢、生活習慣、持病、etc.)、医師の診察によって、必要とされる検査は変わります。

 

安静心電図検査

  • 所要時間: 1分程度
  • 自己負担額: 約130円 ~ 400円(自己負担割合によります)

 

もう健診でやったのに、もう一回?と思われるかもしれません。

 

異なるタイミングで行う事により、再現性の有無、前回検査からの変化をチェックします。検査当日に、結果説明が可能となります。

 

心臓超音波検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約880円 ~ 2,800円(自己負担割合によります)

 

テレビCMの画面で、お腹にいる赤ちゃんを、お医者さんと妊婦さんが、超音波検査で確認している場面をご覧になったことがありますか?

 

同じように、超音波の原理を利用した機器を、左胸にあてると、心臓の筋肉の状態や、ポンプとしての機能、弁(心臓の血流を制御する構造)機能、etc.を、動画で確認する事が出来ます。

 

体に害がなく、安全に行う事が出来る検査です。所要時間は20分程度です。検査当日に、結果説明が可能です。

 

血液検査

  • 所要時間: 3分程度
  • 自己負担額: 約1,200 ~ 3,600円(自己負担割合によります)

 

採血した血液を調べます。電解質異常、甲状腺ホルモン分泌異常などで、不整脈がでやすくなる事があります。貧血などが原因で脈が速くなる事も知られています。

 

こういった項目を、採血血液検査で調べる事ができます。また、検査項目の中に、心臓への負担のかかり具合を、調べるものもあります。

 

結果説明まで、当日 ~ 1週間程度後と血液検査項目により幅があります。

 

補足

  • 所要時間は、検査のみの時間となります。(ご説明、前後のお待ち頂く時間は含めません)
  • 自己負担額は、検査のみの概算となります。(医師診察、使用薬剤の自己負担額etc.は含まれません。制度が変わると、変更となります。)
  • 所要時間、自己負担額、結果説明までの時間は、各病院やクリニックの診療体制にもよります。

 

関連ページ: 循環器疾患診療    検査について

 

低電位差 心電図所見から考えられる病気など

低電位差では、以下の病気や、状態が考えられます。

  • アミロイドーシス
  • 心嚢液貯留
  • 甲状腺機能低下症
  • 健常者
  • etc.

アミロイドーシス
アミロイドーシスとは、全身の様々な臓器に、アミロイドと呼ばれる異常蛋白質が沈着し、機能障害をおこす病気の総称です。心筋がアミロイドで置換されると、心電図にて低電位差を示す事があります。

 

心嚢液貯留
心臓は通常、心膜と呼ばれる構造物に包まれています。心臓と心膜の間に存在する、潤滑油のような枠割を果たす液体を、心嚢液と呼びます。様々な理由で、心嚢液が貯まりすぎると、心電図が低電位差となる場合があります。

 

甲状腺機能低下症
人の首あたりに、甲状腺という器官があり、甲状腺ホルモンが分泌されています。この甲状腺の働きが、低下すると低電位差を示す事が知られています。しかしその頻度は高くはありません。

 

健常者
基礎疾患を持たない方でも、心電図所見 低電位差を示すことがあります。

 

低電位差の心電図所見について

 

低電位差は、心電図波形の異常となります。

 

肢誘導、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの全てにおいて、QRS波の総電位が5mm未満の時に、低電位差とされます。

 

胸部誘導全誘導、V1, V2, V3, V4, V5, V6において、QRS波の総電位が10mmの場合も、低電位差とされます。

 

心嚢液貯留や、心筋がアミロイド蛋白に置き換わってしまうアミロイドーシス、甲状腺機能低下症などがよく知られています。

 

心不全や低蛋白血症などにより、全身に浮腫みを来している場合も、皮膚の電気抵抗が高まり低電位差となります。

 

心筋梗塞などで、心臓の電気的刺激を発生させる力が、減少した場合にも認めることがあります。

 

以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!
 

心電図検査全般や、正常所見につきましては、関連ページをご参照ください。

心電図の成り立ち ~ 見方について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:医師、医学博士 吉川