【WPW症候群 心電図波形異常】はどう対応すればいいの?

2021年02月04日

本記事は、下記関連ページの続きとして、記載しました。ご興味のある方は、是非、最初から読んでみて下さいね。

関連ページ: 心電図の異常は、何科に行けばいいの?

 

WPW症候群 心電図波形異常で、クリニック受診前の確認項目

クリニックに所属する、医師のプロフィールをチェックしてからの、受診をお勧めします。医師の専門ジャンルを、知る事が出来るからです。

 

クリニックのホームページで、医師のプロフィールを確認する事ができます。ホームページのないクリニックでも、看板をみると、専門医などが掲示されている場合あります。

 

医師プロフィールに、下記表記されているかチェックしましょう。

 

  • ■■不整脈(心電図)学会 専門医 / 認定医 / 所属
  •     ⇒ 心臓病の中でも、とくに不整脈を得意としている事を示しています。

 

  • ●●循環器学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。
  • ▲▲心臓病学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。

 

不整脈を、得意とする先生の診察を受けると、精密検査の計画や、検査後の治療方針決定がスムーズとなります。

 

しかし、必ずしも、そこで全て解決する訳ではありません。より高度な医療機器を持っていて、高度医療に対応可能な総合病院などへ、紹介受診が必要となる場合もあります。

 

プロフィールに表記のある医師は、専門ジャンルの病気に詳しいだけでなく、総合病院の専門の先生とコミュニケーションをとり、紹介受診がスムーズとなります。

 

クリニック受診前に、希望医師の診察予約が可能かどうか、電話されるとスムーズです。

 

関連ページ: スタッフ紹介

 

WPW症候群 心電図所見で、考慮される外来精密検査

WPW症候群で、考慮される外来精密検査は、以下となります。

  • 安静心電図検査(あんせいしんでんずけんさ)
  • ホルター心電図検査(ほるたーしんでんずけんさ)
  • 心臓超音波検査(しんぞうちょうおんぱけんさ)

これらの検査、全てが必要という事ではありません。心臓を詳しく調べる精密検査は、他にも色々あります。

症状や、背景(年齢、生活習慣、持病、etc.)、医師の診察によって、推奨される検査は変わってきます。

 

安静心電図検査

  • 所要時間: 1分程度
  • 自己負担額: 約130円 ~ 400円(自己負担割合によります)

 

健康診断などでやったのにもう一度?、、と思われるかもしれません。

 

異なるタイミングで行う事により、前回検査からの変化や、再現性の有無をチェックします。検査当日に、結果説明が可能となります。

 

ホルター心電図検査

  • 所要時間: 1日程度
  • 自己負担額: 約1,750円 ~ 5,400円(自己負担割合によります)

 

24時間(最低8時間以上)心電図を装着、記録します。装着中、激しい運動や、汗だくとなるようなお仕事は出来ません。

 

お風呂に関しては、湯舟につかるのは難しいですが、シャワーまでは可能な機種もあります。

 

脈が速くなりすぎていないか?、脈が遅くなりすぎていないか?、一日で不整脈がどれ位でているのか?、じつは危険な不整脈がでていないか?、波形が変化するのか?、etc.をチェックします。

 

24時間分を解析するため、検査機器のご返却後、結果説明まで2~3日かかります。

 

心臓超音波検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約880円 ~ 2,800円(自己負担割合によります)

 

テレビCMで、お医者さんと妊婦さんが、お腹の赤ちゃんを、超音波検査で確認している場面をご覧になったことがありますか?

 

同じ原理の機器を左胸にあてることで、心臓の筋肉の状態や、ポンプとしての機能、弁(心臓の血流を制御する構造)機能、etc.を、動画で確認する事が出来ます。

 

体に害がなく、安全に行う事が出来る検査です。所要時間は20分程度です。検査当日に、結果説明が可能です。

 

補足

  • 所要時間は、検査のおおよその時間となります。(ご説明、前後のお待ち頂く時間は含めません)
  • 自己負担額は、検査のみの目安となります。(診察、お薬の自己負担額etc.は含まれません。制度変更に伴い、変わる事があります。)
  • 所要時間、自己負担額、結果説明までの時間は、各病院やクリニックの診療体制にもよります。

 

関連ページ: 検査について
診療時間・アクセス

 

WPW症候群 心電図異常で考えられる病気など

心電図波形、青い背景

WPW症候群では、以下の病気や、状態が考えられます。

  • エプスタイン奇形
  • 頻脈性不整脈の合併
  • 健常者
  • etc.

 

エプスタイン奇形

右心房と右心室の間に位置する三尖弁の付け根が、右心室側に落ち込んでいる、先天性の心臓病です。WPW症候群の合併が多く、複数の副伝導路を有するケースなども報告されています。

 

頻脈性不整脈の合併
発作性上室性頻拍(PSVT)のや、心房細動・粗動などで、脈が速くなりすぎる頻脈発作が生じる場合があります。

 

健常者
基礎心疾患を有さない場合が、多いとされています。

 

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

ここからは、少し難しい話かもしれません。ご興味のある方は読み進めて下さいね。

 

WPW症候群(Wolff-Parkinson-White Syndrome)は、心電図波形の異常となります。

 

WPW症候群では、心房と心室の間を結ぶ伝導路が、通常の房室結節以外にも存在します。

 

房室結節以外の伝導路は、異常な筋繊維束からなり、副伝導路と呼ばれます。副伝導路は、左心室自由壁、心室中隔後部、右心室自由壁や心室中隔前部etc.に存在します。

 

心房からの電気刺激が、副伝導路を通過し心室へと伝わります。そのため、心電図ではデルタ波や、PQ間隔の短縮を認めることが多いです。

 

心房からの電気刺激は、心室への副伝導路のみでなく、房室結節経由でも伝導されるため、QRS波形はデルタ波と、正常のQRS波が合わさった形になります。

 

WPW症候群では、副伝導路を有するがゆえに、頻脈発作を合併する場合があります。

 

心房→房室結節→心室→副伝導路→心房など、心房および心室を含めた、大きな電気刺激の頻回運動によるものは、発作性上室性頻拍(PSVT)と呼ばれます。

 

WPW症候群における心房細動・心房粗動では、心房の電気刺激が頻回となるため、副伝導路を介して、心房から心室への刺激が高頻度に伝わり、300回/分近くの非常に速い頻脈となってしまう場合もあります。

 

以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!
 

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

心電図検査全般や、正常所見につきましては、別ページをご参照ください。

心電図の成り立ち ~ 正常・異常について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:医師、医学博士 吉川