【ST-T低下、ST-T異常、ST上昇】の心電図結果は、どう対応したらよいですか?

2021年02月01日

本記事は、下記関連ページの、続きとして記載しました。ご興味のある方は、是非、最初から読んでみて下さいね。

関連ページ: 心電図の異常は、何科に行けばいいの?

 

・用語について
健診センターや、医療機関により、ST-T部分の判定には、様々な表現が用いられます。ここから先では「ST-T低下 ≒ ST-T異常」、「ST上昇」として、それぞれ解説していきます。これらの点を、ご留意頂き、読み進めて下さいね。

 

ST-T低下、ST-T異常、ST上昇で、クリニック受診前の確認項目

心電図検査を受けた、健診センターや医療機関より、緊急指示があった場合は、その指示に従って下さいね。

 

それ以外では、クリニックに所属する、医師の経歴や所属学会を、チェックしてからの受診をお勧めします。医師の専門ジャンルを、知る事が出来るからです。

 

クリニックのウェブサイトで、医師の経歴や所属学会などを確認する事ができます。ウェブサイトのないクリニックでも、看板に医師の得意ジャンルなどが、掲示されている場合があります。

 

医師プロフィールに、下記表記されているかチェックしましょう。

 

  • ●●心血管(インターベンション)学会 専門医 / 認定医 / 所属
  •     ⇒ 心臓病の中でも、とくに狭心症心筋梗塞を得意としている事を示しています。

 

  • ▲▲循環器学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。
  • ■■心臓病学会 専門医 / 認定医 / 所属 ⇒ 心臓病を得意としている事を示しています。

 

狭心症心筋梗塞を、得意とする先生の診察を受けると、精密検査の計画や、検査後の治療方針決定がスムーズとなります。

 

しかし、必ずしも、そのクリニックで全て解決する訳ではありません。より高度な医療に対応でき、高度医療機器を有している総合病院などへ、紹介受診が必要となる事もあります。

 

プロフィールに表記のある医師は、その場合でも、専門ジャンルの病気に詳しいため、総合病院の専門の先生とコミュニケーションをとり、紹介受診がスムーズに進む可能性が高くなります。

 

クリニック受診前に、電話などにて、希望医師の診察予約が可能かどうか、確認されるとスムーズです。

 

関連ページ: スタッフ紹介

 

ST-T低下、ST-T異常、ST上昇にて、考慮される精密検査

ST-T低下、ST-T異常、ST上昇にて、考慮される外来精密検査は、以下となります。

  • 安静心電図検査(あんせいしんでんずけんさ)
  • 心臓超音波検査(しんぞうちょうおんぱけんさ)
  • 冠動脈造影CT検査(かんどうみゃくぞうえいCTけんさ)
  • 運動負荷心電図検査(うんどうふかしんでんずけんさ)
  • 血液検査(けつえきけんさ)
  • 【入院】心臓カテーテル検査(しんぞうかてーてるけんさ)

これら全ての検査が、必要という事ではありません。検査方法は異なるけど、調べている内容としては似ている、といった検査も記載しています。

また、他にも、心臓を詳しく調べる精密検査は、色々あります。

症状や、年齢、生活習慣、持病といった背景、医師の診察によって、推奨される検査は変わってきます。

 

安静心電図検査

  • 所要時間: 1分程度
  • 自己負担額: 約130円 ~ 400円(自己負担割合によります)

 

健康診断などで受けたのに、もう一回やるの?と思われるかもしれません。

 

違ったタイミングで心電図検査をすることにより、前回の検査から変化がないか、再現性があるかどうか等をチェックします。検査当日に、結果説明が可能となります。

 

心臓超音波検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約880円 ~ 2,800円(自己負担割合によります)

 

テレビのコマーシャルや番組で、妊婦さんがお医者さんと、超音波検査を用いて、お腹の赤ちゃんを見ている場面を、ご覧になったことがありますか?

 

超音波の原理を用いた、同様の検査機器を左胸にあてると、心臓のポンプ機能、筋肉の状態や、弁(心臓の血流を制御する構造)機能、etc.を、動画や静止画で確認する事が出来ます。

 

体にダメージがなく、安全な検査となります。検査当日に、結果説明が可能です。

 

冠動脈造影CT検査

  • 所要時間: 20分程度
  • 自己負担額: 約3,000円 ~ 9,200円(自己負担割合によります)

 

心臓の栄養血管である、冠動脈(かんどうみゃく)が閉塞していないか?狭窄していないか?をチェックする検査です。

 

点滴注射で造影剤を用いながら、CTを撮像します。造影剤使用にて腎臓に負担をかけるため、腎臓機能が悪い、30秒程度の息止めが難しいetc.で、検査できない場合もあります。

 

CTの撮像自体は20分程度ですが、解析に時間を要します。前後の点滴注射もあり、検査当日に結果を聞かれる場合、3時間程度かかります。

 

運動負荷心電図検査

  • 所要時間: 30分程度
  • 自己負担額: 約380円 ~ 1200円(自己負担割合によります)

 

運動によって心臓に負担をかけ、心電図波形の変化や、不整脈の出現がないかをチェックします。

 

踏み台昇降運動の前後で心電図をとったり、心電図を装着した状態で、エアロバイクをこいだり、ルームランナーで走ったりします。 検査当日に、結果説明が可能です。

 

※激しい息切れが生じる事があり、コロナ禍の現在、当院では運動負荷心電図検査を中止しています。

 

血液検査

  • 所要時間: 3分程度
  • 自己負担額: 約1,200円 ~ 3,600円(自己負担割合によります)

 

採血により血液を調べます。脈が速くなる原因として、貧血などや、不整脈がでやすくなる原因として、電解質異常や、甲状腺ホルモン分泌異常などが知られています。

 

これらの項目を、血液検査でチェックする事ができます。また心臓への負担のかかり具合を、チェックできる検査項目もあります。

 

結果説明まで、当日 ~ 1週間程度後と血液検査項目により幅があります。

 

【入院】心臓カテーテル検査

医師の診察や、外来での精密検査の結果、また症状によっては外来精密検査を経ずに、心臓カテーテル検査が必要となる事があります。

 

クリニックや病院の多くが、心臓カテーテル検査を、入院検査としています。当院でも入院検査となります。

 

冠動脈と呼ばれる、心臓を栄養している血管が、狭窄していないか?、閉塞していないか?を外来検査以上に、精密に調べることが出来ます。

 

カテーテルとは、医療用の細い管を指します。手首、肘、足など、体の表面に近い部分を走っている動脈に、局所麻酔を使用しながらカテーテルを挿入します。

 

動脈を通って、心臓まで直接カテーテルを送り込み、選択的に血管を造影し、狭いところや、詰まっているところが無いかを調べます。

 

関連ページ: 狭心症、心筋梗塞のカテーテル検査・治療

 

補足

  • 所要時間は、検査のおおよその時間となります。(ご説明、前後のお待ち頂く時間は含めません)
  • 自己負担額は、検査のみの目安となります。(診察、お薬の自己負担額etc.は含まれません。制度変更に伴い、変わる事があります。)
  • 各病院やクリニックの診療体制によって、所要時間、自己負担額、結果説明までの時間は異なります。

 

関連ページ: 検査について
診療時間・アクセス

 

 

ST-T低下、ST-T異常で考えられる病気など

心臓の模型、緑の背景

心電図所見 ST-T低下、ST-T異常では、以下の病気や、状態が考えられます。

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • ジギタリス効果
  • 低カリウム血症
  • 健常者
  • etc.

狭心症
心臓を栄養している血管が、狭くなる病気です。労作などによって、心臓に虚血が生じると、心電図のST-T低下、ST-T異常を認めることがあります。病変が進行したり、トラブルによって、不安定狭心症や心筋梗塞に、移行する場合があります。

 

心筋梗塞
心臓を栄養している血管が、閉塞してしまう病気です。心不全や、突然死の原因となります。心筋梗塞ではST上昇が知られていますが、梗塞部位の対側性変化として、ST-T低下、ST-T異常などの異常所見を認めることがあります。

 

ジギタリス効果
ジギタリスは、心臓病治療薬の一つです。内服などにより、ジギタリスの血中濃度が一定以上となると、ST低下や、ST-T異常などの、心電図変化が生じることがあります。

 

低カリウム血症
カリウムという電解質の、血中濃度が低下すると、ST-T低下や、ST-T異常といった、心電図変化を認める場合があることが知られています。

 

健常者
心臓疾患など、基礎疾患を持たない方でも、ST低下を認めることがあります。女性に多いとされています。

 

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

ここからは、少し難しい話かもしれません。ご興味のある方は読み進めて下さいね。

 

心電図所見 ST-T低下、ST-T異常は心電図波形の異常となります。

 

一般的に、T波の終点からP波の開始点まで(T-P部分)を基線として、その基線に対してST部分の低下、上昇を判定します。

 

頻脈である、U波の存在により、T-P部分がない場合は、P波の終点からQ波の開始点まで(P-Q部分)を基線とします。

 

正常例ではST部分は、T-P部分と同レベルにあります。ST低下には、水平型、下降型、接合部型の3パターンがあります。

 

水平型、下降型では、基線よりもST部分が、J点で0.5mm以上低下していると、異常所見とされます。

 

一方、接合部型では、基線よりもST部分が、J点より2mm(0.08秒)後でも、0.5mm以上低下している場合、異常とされます。

 

しかし、自覚症状によっては、わずかなST低下でも、重要な意味を持つこともあります。

 

水平型のST低下から、上向きのT波へ急速に移行するパターンは、心筋虚血に特徴的とされていますが、典型的な心筋虚血パターンを示すことは、少ないとされています。

 

狭心症でも非発作時は、ST低下を認めないことが多くあります。高血圧症など、左室圧負荷による左室肥大が進行すると、QRS波のvoltage criteriaを満たすだけでなく、ST低下を伴います。

 

女性では、心疾患がなくても軽度のST低下を示すことがあります。この場合は、接合部型ST低下を示すことが多いとされています。

 

ST-T低下、ST-T異常については、以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

心電図検査全般や、正常所見につきましては、別ページをご参照ください。

心電図の成り立ち ~ 見方について

 

ST上昇で考えられる病気など

心電図所見 ST上昇では、以下の病気や、状態が考えられます。

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 心室瘤
  • 急性心膜炎
  • 健常者
  • etc.

心筋梗塞
心臓を栄養している血管が、閉塞してしまう病気であり、多くの場合にST上昇を認めます。心不全や、突然死の原因となります。

 

狭心症
心臓を栄養している血管が、狭くなる病気です。異形狭心症の発作などにより、強い虚血が生じた場合、ST上昇を認めることがあります。

 

心室瘤
虚血性心疾患など、何らかの理由で、心室の壁が菲薄化し、瘤状に突出した部分を心室瘤と呼びます。心室瘤があると、心電図でST上昇を認める場合があります。

 

急性心膜炎
心臓は、心膜という薄い袋に包まれています。感染症などが原因で、この心膜に炎症が生じると、心膜炎となります。心膜炎では、ST上昇の心電図変化を認めることがあります。

 

健常者
心臓疾患などの、基礎疾患を持たない方でも、早期再分極と呼ばれるST上昇を、認めることがあります。男性に多いとされています。

 

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

ここからは、少し難しい話かもしれません。ご興味のある方は読み進めて下さいね。

 

心電図検査 ST上昇は心電図波形の異常となります。

 

基線は、T波の終わりからP波の始まりまで(T-P部分)と、一般的には定義されます。

 

その基線に対してST部分の上昇、低下を判定します。頻脈や、U波の存在により、T-P部分がない場合、基線はP波の終点からQ波の開始点まで(P-Q部分)と定義されます。 正常例ではST部分は、T-P部分と同レベルにあります。

 

J点において、肢誘導で1mm以上、胸部誘導で2mm以上がST上昇とされますが、ST低下同様、自覚症状によっては、わずかなST上昇でも、重要な意味を持つこともあります。

 

心筋梗塞といって、心臓を栄養している血管(冠動脈)が、閉塞してしまう病気では、多くの場合に、梗塞部位に対応した誘導で、ST上昇を認めます。

 

急性心膜炎でもSTが上昇する事が知られています。心筋梗塞でのST上昇は、T波へ移行するST部分が、上に凸型を示したり、梗塞部位の対側性変化として、ST低下を示す誘導が存在したりします。

 

一方、急性心膜炎ではST部分が凹型を示し、対側性変化は認めないとされています。若年男性を中心とした、心臓病などの基礎疾患を持たない方でも、V2~V5誘導において、3mm近くのST上昇を認める場合があり、早期再分極と呼ばれます。

 

心膜炎と同様にST部分が凹型を示したり、心膜炎ではST上昇が肢誘導、胸部誘導にみられますが、早期再分極では胸部誘導のみに認める場合が多いです。

 

ST-T上昇については、以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

関連ページ: 診療時間・アクセス
スタッフ紹介
生活習慣病とは?

 

心電図検査全般や、正常所見につきましては、別ページをご参照ください。

心電図の成り立ち ~ 見方について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:医師、医学博士 吉川